カテゴリー「イヤリング」の記事

2018年2月 3日 (土)

K18ダイヤブレスレットをネックレスとイヤリングにリモデル(リフォーム)

  K18ダイヤブレスレットをネックレスとイヤリングにリモデル(リフォーム).。

 ネックレスは当方で用意したK18小判チェーンをたしてお客さまの希望の
長さに仕上げました。

 イヤリングはブレスレットに使われてたダイヤと石枠もそのまま使い、
これもお客さまと石枠の向きとかどのような状態にするのか(下のダイヤは
揺れるようになってます)を相談して制作にはいりました。


     (写真 左 リモデル後のネックレス  写真 右 リモデル後のイヤリング)

Rimg0354 Rimg0351






お問い合わせは

 Jewelry craft
 広瀬たかしの仕事場

      TEL (0586)86-4553
         メール sigotoba@nifty.com

        〒493-0001
       愛知県一宮市木曽川町黒田字
       酉新田中の切10の2
          地図はコチラ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

K18淡水真珠・サンゴイヤリングの制作

 お客さまがお持ちになった淡水真珠(9mm)-2個とサンゴ丸玉(7mm)-2個を
使いK18でイヤリングの制作の依頼。

 デザイン等はお客さまとのお話の中で決まりました。


                (写真 制作したK18淡水真珠・サンゴイヤリング)

Rimg0291

 








お問い合わせは
 Jewelry craft
 広瀬たかしの仕事場

      TEL (0586)86-4553
         メール sigotoba@nifty.com

        〒493-0001
       愛知県一宮市木曽川町黒田字
       酉新田中の切10の2

          地図はコチラ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

K18イヤリングをK18ダイヤピアスにリモデル(リフォーム)

 K18イヤリングをK18ダイヤピアスにリモデル(リフォーム)の依頼。

 ダイヤはお客さまがお持ちになったダイヤ(0.10ct/1p)と当方で用意
したダイヤ(0.102ct/1p)を使いました。

 デザインはイヤリング本体をそのまま使いその下にダイヤが揺れる
ようにして欲しいとの事で制作しました。

 イヤリング本体はプレス(軽くできるのはいいのですが…)で制作して
あり大変薄いので強度を増すために裏にK18の板をロー付けし、
そこにピアスの金具をロー付けしました。

 ダイヤは3本爪で留めてあります。


        (写真 左 リモデル前のK18イヤリング  
                        写真 右 リモデル後のK18ダイヤピアス)

Rimg0290 Rimg0289










お問い合わせは
 Jewelry craft
 広瀬たかしの仕事場

      TEL (0586)86-4553
         メール sigotoba@nifty.com

        〒493-0001
       愛知県一宮市木曽川町黒田字
       酉新田中の切10の2

          地図はコチラ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

Pt(プラチナ)ダイヤイヤリングの制作

 直径が5mmUPのダイヤを使いPt(プラチナ)でイヤリングをとの制作依頼を受けました。

 お客さまのご要望と予算に収まるように、0.510ct(Fカラー、VS2、VERY GOOD)と0.521ct(Fカラー、VS2、VERY GOOD)のダイヤを選びました。
 ダイヤの質を落とせばもう少し大きい(カラット数の大きい)ダイヤもあるのですが、あまり品質の悪いダイヤはお勧めしたくないということで上記のダイヤに決めました。(イヤリングはリングと違って目に近付けて見えるようなものではないので品質をおとしてもいいのではという考えも一方ではあるのですが…)

 ダイヤの留め方はお客さまの要望で爪留めではなく覆輪留めにしました。

                         写真 制作したPtダイヤイヤリング

Rimg0198

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

K18ダイヤイヤリングの制作

 葉っぱ(葡萄)をモチーフにしたイヤリング制作のオーダーを受けました。

 地金はお客さまの要望でK18、葉っぱについた水滴(しずく)にみたててダイヤを留めて欲しいということでダイヤ(0.04ct/2p)を使用。ダイヤは最初、埋め込みで留めようと考えていましたが立体感にかけると思い石枠(3本爪)を作り高さをもたせ立体感を出し、ダイヤの付く位置は左右アンバランスにしてほしいというお客さまの要望に沿うようにしました。

 表面は梨地仕上げにし、葉脈は「彫り」でいれました。

                      写真 出来上がりのK18ダイヤイヤリング
Rimg0196

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

Ptダイヤ・イヤリングのダイヤを使いK18ダイヤ・イヤカフにリフォーム

 Ptダイヤ・イヤリングのダイヤ(0.20ct/8p)を使いK18ダイヤ・イヤカフ制作の依頼

 イヤカフはお客さまのご希望の形、大きさ等で制作しました。ダイヤは4pずつ
彫留めにて留めました。

                        (写真 制作したK18ダイヤ・イヤカフ)
Rimg0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)